教習所での検定は、基本落ちない事実。

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af
みなさんどうも、現役教習指導員のゆきちよでございます。( ゚Д゚)ノ

本日のお題は 「自動車学校で行われる検定は、基本不合格にならない。」 という感じでいきます。
検定を間近に控えている教習生の方には、是非読んでもらえたらな、と。





検定というのは、第1段階修了後の修了検定と、
第2段階修了後の卒業検定のことです。

修了検定とは、第2段階の路上教習をするための仮免許証を取得するための検定。

卒業検定とは、免許センター (運転免許試験場) で運転免許証と交付してもらう時に必要な、
教習所の卒業証明書を取得するための検定。

さて…間近に、というか明日にでも、この検定を受けようと思っている教習生の方もいるかと思います。

検定とは、言い換えれば自動車の運転の実技試験。( ゚Д゚)

ももももうめめめめっちゃ緊張しますすす。(((( ゚Д゚))))

手が震えます。
足もガクガクです。

いつもの技能教習での実力100%を発揮することは困難かと。

どれだけ良くても、たぶん70%くらいの実力しか出せません。
別にプレッシャーを与える意味ではなく、本当に。

緊張をまったく感じないという心臓に毛が生えているような人は、
たぶん頭のネジが2、3本ぶっ飛んでます。

そんな稀有な教習生は放っておいて、
ごく一般的な緊張してしまうであろう教習生の方々、安心して下さい。

ちゃんとパンツは穿いていますよ。( ゚Д゚)

…じゃなくて、検定では基本的には不合格になりませんぞ。

基本的には、です。

技能検定員も、受検者を合格にするつもりで検定を行っています。

そもそも、なぜみなさんは修了検定、卒業検定までこぎつけたのでしょう?

検定の直前の技能教習が 「みきわめ」 という時間だったのを覚えていますか?

「みきわめ」 というのは、一定の水準に自動車の運転技能が身に付いているのかを判断する時間。

つまりは 「みきわめ」 の段階では技能不足だ、と。
そう指導員に判断されれば 「みきわめ不良」 で技能教習の延長。

検定は受けることができません。

しかし、 「みきわめ」 の段階で技能が水準に達しているならば、
指導員は 「みきわめ良」 という判定をします。

教習原簿に 「みきわめ基準」 という項目がびっしりと書かれているページがあるのを見たことありますか?

みきわめまでにやってきた技能教習項目それぞれに 「○○できる」 という記載があると思います。

我々指導員は、その習得済みの教習項目すべてが 「できている」 なら良という判定、
「できていない」 なら不良という判定をします。

もっと簡単に言えば、検定に受かると思ったから良で、
不合格になりそうだと思ったら不良にしているのです。( ゚Д゚)

検定を控えている方はみきわめ良だったのですよね?

指導員側から検定に合格すると思われているから、検定が控えているのです。

だから基本的には技能検定では不合格にはならないということ。




という感じでいかがでしょう?
多少の緊張は取り除けましたか?( ゚Д゚)b

ただ、途中何回も書きましたがお気づきでしょうか?

「基本的には」 不合格にならない、と。

絶対に不合格にはならないということではありません。

検定中止行為というものがありますから。

有名なのだと、信号無視や一時不停止などですな。

あとは危険回避のために、検定員に補助ハンドルや補助ブレーキ、
それに関わる口頭指示による補助、これらをやられたらダメです。

口頭指示での補助とは 「ブレーキ!」 「一回止まって!」 と言われたり、
「ハンドルもっと右 (左) !」 と接触回避の指示などです。

普段からこのような運転行動になっていなければ、よほど検定も大丈夫かと思います。

ともあれ、検定頑張りましょう。( ゚Д゚)b

もしよければTwitter (@Uxxxxx) もやっていますので、
質問などがあればツイッターから個別に受け付けます。

( ゚Д゚)つ

ほんじゃあ、今日はこの辺でー。ノシ

参考記事: 「えっ?これってダメなの?意外と知らない検定中止の行為」




Pocket
LINEで送る