信号って青黄赤のアレだろ?いや、他にも信号は存在する。

信号機00
みなさんどうも、現役教習指導員のゆきちよと申します。( ゚Д゚)ノ

本日のお題は 「信号とは?」 で行きましょう。





何言ってんだよ、信号ってホラ、アレだろ?アレ。
青 → 黄 → 赤って色がかわるやつ!

青がすすめ!
黄が注意!
赤がとまれ!でしょ!?

はい、正解。( ゚Д゚)b
といっても半分正解。

正しくは、青は 「進んでも良い」 、黄は 「停止線を越えて進んではならない = とまれ」 、
赤 「停止線を越えて進んではならない」
なのです。

間違った常識やイメージで覚えていた人が多いのではないでしょうか?

そして、道路交通においての信号というのは2種類あります。

みなさんがイメージしている上記画像の信号機とは別に、
警察官や交通巡視員による手信号というものがあります。

警察官や交通巡視員が交差点に立って、
腕の動きによって交通を規制する信号ですな。


<参考動画:You Tube>

手信号に対面する (前後、向かい合う) 交通に対してはすべて赤信号の意味です。

手信号は普段見かけることがない信号なのですが、
停電、事故、災害などによって信号機が正常に動作しない、
または信号機に従って通行していると混雑や事故が予想される場合に登場します。

一生のうちに数回手信号を見ることができたら上等でしょう。

余談ですが、信号機の信号よりも、手信号のほうが法的効果が上となります。

たとえば、青色灯火の信号機の交差点で、警察官が赤を示す手信号をしていれば、
警察官の手信号に従って止まらなければなりません。

もし停止しなかった日には信号無視という扱いになりますから注意が必要。( ゚Д゚)b




あと、工事現場にいるガードマンってよく見かけますな?( ゚Д゚)

あの人たちは警察官でも交通巡視員でもありませんので、
彼らが赤信号なのに 「すすめ」 の指示をしていても無視してください。

工事現場のガードマンの指示には法的効果がまったくありません。

赤信号なのに、指示通りにうっかり進めば信号無視ですぞ。( ゚Д゚)

教習中もたまに遭遇するんですよね。

赤信号なのに、一生懸命僕らの乗っている教習車に 「行け!はやく行け!」 とあおってくるガードマン。

バカなのかな、って思っちゃいます。

ドライバーの人たちも手信号なのか、ただの誘導なのか見分けないと (判断しないと) 、
事故や混雑など大変なことになりますぞ。

なかなか手信号に出会うことがなくとも、
教習所や試験場の学科試験では頻発する問題ですのでしっかり理解しておきましょう。( ゚Д゚)b

ほんじゃあ、今日はこの辺でー。ノシ

参考記事:警察官はわかるけど、交通巡視員が何なのかわからない件。




( ゚Д゚)つ免許合宿の人気ランキングが地域別、職業別、性別、プランごとに見れます

Pocket
LINEで送る