道路緊急ダイヤルってどういう時に使う?

道路緊急ダイヤル (#9910)
みなさんどうも、現役教習指導員のゆきちよでございます。(゚д゚)b

今回のお題は国道や高速道路などでよく見かける、
「緊急ダイヤル (#9910) 」 についてでいきましょう。

高速教習のときに見かけた方や、
普段から自動車に乗る方であれば一度は見たことがあるでしょう?

「道路緊急ダイヤル (#9910) 」 って看板や標識、旗などを。

簡単に言えば、道路に異常があればすぐ電話をしてくださいという事。

ほう、異常とな?
異常とはたとえば?




◆標識、表示などの損傷が見られる場合。

◆路面に穴、剥がれ、路肩の崩壊などがある場合。

◆ガードレールなどの工作物の損傷がある場合。

◆路面に落下物がある場合。

◆動物の死骸がある場合。

上記のような、今後この状態が続くと交通事故などが発生する可能性がある状況ですな。(゚д゚)

交通事故現場も道路異常に含まれますが、
この道路緊急ダイヤルに電話している場合ではありません。

即刻、110番 (警察) 通報しましょう。

この道路緊急ダイヤルは全国共通の番号であり、
24時間対応になっています。

そして通話料金はかかりません。
当たり前ですが、無料です。

固定電話やPHS、携帯電話から通報することができますので、
道路異常を見つけ次第に通報してあげましょう。

交通事故を未然に防ぐのはあなたです。

自分がその道路異常を避けて通行できたとしても、
他のドライバーは気付かなかったりして避けられない可能性があります。

実際、この道路異常による交通事故は大変多いのです。

道路緊急ダイヤルへの通報方法はいたって簡単明瞭。

①笑顔で携帯を取り出す。

②「#9910」 をダイヤルする。

③道路管理者へつながる。

④異常個所 (場所) を伝える。

⑤そして、また笑顔になる。

という流れです。
この5つのステップを覚えておけば、いざというとき (期末テストなど) にも安心。

④の異常個所を道路管理者に特定してもらう必要が当然あるので、
伝える情報は漠然とではなく、なるべく詳細な情報を伝えましょう。

自分のよく知っている土地であれば、町名や番地、
付近にある施設などの情報が有益。

知らない土地であれば、道路名や高速道路ならばキロポスト (100mごとにある白い標識) 、
あと進行方向も伝えましょう。

うっかり異常個所の逆側車道へ行ってしまえば、
その分は対応が遅れてしまいますな。

道路緊急ダイヤル通報の対象となる道路は、
日本全国の高速道路、国土交通省が管理する国道ですので、
大小関わらず、道路異常を見つけ次第 「#9910」 に掛けてくださいまし。(゚д゚)b

高速道路で自動車を停めて通報するときには、
その停車 (もしくは駐車) が原因で交通事故を起こしていては何にもなりません。

安全な非常駐車帯などに自動車は停めるようにしましょう。

ほんじゃあ、今日はこの辺でー。ノシ



Pocket
LINEで送る