知ってた?自転車のベルを歩行者に鳴らすのは違反という事を。


みなさんこんにちは、現役教習指導員のゆきちよと申しまする。( ゚Д゚)ノ

本日のお題は 「自転車のベルは自動車のクラクションと同じ扱い」 という感じでいきましょうか。

今日のテーマは、今まで何気なく自転車のベルを鳴らしていた人に向けたものです。

というのも、自転車に乗っているとき進行方向に歩行者がいて通れない、
そんな時にベルを鳴らして避けるように促したことがあるでしょう?

それは立派な道路交通法違反です!( ゚Д゚)というのを知ってもらうため。





よく 「チリンチリン♪」 なんて軽快なベルの音が聞こえてきません?

自分が自転車に乗っているときも鳴らした経験がある方もいるでしょうし、
歩行者として歩いているとき背後から鳴らされたこともあるでしょうな。

しかし、このベル。

使い方を間違えると道路交通法違反になります。

っていうか、世の中の大半の自転車のベル鳴らしは違反行為に該当しています。

根拠となる法律は、道路交通法第54条に規定されていますので、
以下の法令を参考にしてみて下さい。( ゚Д゚)

(警音器の使用等)
第五十四条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区問における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
<参考:http://www.takaragaike.co.jp/doukou/s0303d.htm>

主語が車両等となっていますな。

つまり、自動車は当然として自転車も含むと書いてあります。

警音器というのは、自動車でいうクラクションの事。

自転車でいうとベルに相当します。

自転車のベルも法律で定められたとき以外には使用制限があるのですな。( ゚Д゚)

警音器を使用しても良いときというのは法律で定められた場合と、
危険防止措置のためやむを得ないときだけ。

法律で定められた場合というのは、警笛鳴らせの標識がある時と、
その標識がある区間内の見通しの悪い交差点、見通しの悪い曲がり角、
あとは見通しの悪い上り坂の頂上付近を通行する場合
に限ります。

それ以外は一切ダメなのです。

もし、この道路交通法第54条の規定に反すると当然違反になってしまいます。

罰則は第121条に定められた2万円以下の罰金または科料となります。

お巡りさんが目の前にいるのに歩行者にベル鳴らしてりゃ、これはもう…。( ゚Д゚)

歩行者邪魔邪魔~!( ゚Д゚)
なんていうベルは論外だという事がお分かり頂けたでしょうか?

そもそも自転車は車道を走行するべきですし、
通行が認められた歩道を走行するなら車道側を、歩行者の近くを通るのであれば、
歩行者の通行妨害とならないように徐行か一時停止をしなければなりません。




というような感じなのですが、いかがだったでしょうか?

自転車のベルも何気なしに鳴らしてしまうこともあるかもしれませんが、
法律上は自動車のクラクションと同じ扱いを受けてしまうことは認識しておかなければなりません。

過去にあった事例では、歩行者にどくように鳴らしたベルが原因で口論となり、
結果自転車でベルを鳴らした側が歩行者を殺害してしまうといった事件に発展したこともありました。

ベルやクラクションなどの警音器は使い方を誤れば、
向けた相手の感情を害してしまうこともしばしば。

必要時以外に警音器を使って、思わぬ事件に巻き込まれることもあります。

自分の身を守るため、危険を回避するために使用するべき警音器が、
自分の首を絞めることになってしまうのは本末転倒。

自転車は軽車両。

軽車両は法律上は車。

老若男女、誰でも気軽に乗れてしまう自転車ですが、
気楽な気持ちで乗っていいわけではありません。

ベルはそこまで大きな音が鳴るものではありませんが、
安易な気持ちで鳴らしていいものでもありません。

お互いが気持ちよくスムーズな通行ができるよう、
自転車側が配慮すべきことだと自覚して自転車に乗りましょう。( ゚Д゚)

ほんじゃあ、今日はこの辺でー。ノシ




( ゚Д゚)つ免許合宿の人気ランキングが地域別、職業別、性別、プランごとに見れます

Pocket
LINEで送る