謎の免許 「大型特殊二種」 はどんな自動車に乗れるの?


みなさんこんにちは、現役教習指導員のゆきちよと申しましたる。( ゚Д゚)ノ

自動車の運転免許として、もっとも謎のベールに包まれている免許、
「大型特殊自動車第二種免許」 って知ってますか?

よく大特二種なんて言われたりしますけども。

聞いたこともねぇよ、っていう人がほとんどだと思います。

実用的ではない運転免許区分である上に、取得している人口自体かなり少数です。

レア中のレア免許です。( ゚Д゚)





大型特殊二種や牽引 (けんいん) 二種免許に関しては教習所の学科では教えられません。

っていうか、学科教本にすら掲載されておりません。

自発的に質問すれば教えてくれるでしょうけどもね。

 ⇒ ( ゚Д゚)つ 【参考記事:牽引第二種運転免許はどういう場面で役立つの?

大型特殊自動車の免許は一般的に知られていることですし、
大特は普通に教習所へ行けば取得できる免許です。

大特二種って、おま…。

なんやの、その謎免許。

タクシーやバスなどと同じくして二種免許であるため、
二種という言葉を冠する以上は、お客さんを乗せてお金をもらって運転するんでしょうけども。

大特二種も旅客運送が目的のための自動車運行に必要なわけです。

大型特殊自動車として知られている自動車で言えば、
イメージがわきやすいものでは以下のような自動車たちがあります。

・フォークリフト
・除雪自動車
・ホイールローダー
・ショベルカー
・ダンパー
etc…

というような感じでしょうか。
もちろん他にもまだまだ色々とあるんですけどもね。( ゚Д゚)

さて、以上のものが大型特殊自動車であり、大型特殊一種免許で運転できるわけです。

これらを旅客運送目的で運行させるならば問題の大型特殊二種が必要になります。

結論から言えば、大型特殊二種免許の実用性は皆無です。
現時点では、という言い方が正しいでしょうか。( ゚Д゚)

だって、今の日本には大型特殊二種免許を必要とする自動車が存在しないのです。

いずれは必要となる場面も出てくるかもわかりませんが、
今の段階では一切不要な免許です。

スキー場などの雪山でゲレンデ内を走行する雪上車に人を乗せている様子を見たことあるでしょうが、
あそこはお客さんの移動のために料金は取りませんので大特二種はいりません。

しいて言うならば、大特二種免許はフルビット免許を目指す人にのみ必要な免許です。

ちなみに、フルビットとは取得資格欄がすべて埋まっている免許証の事。

お金と時間に余裕がある人が、神々の遊びとしてたまにフルビットをやります。




というような感じなのですが、いかがだったでしょうか?

大特二種免許の資格要件としては、21歳以上であり、
大型、中型、準中型、普通、大型特殊免許のどれかを取得済みで3年以上経験があれば問題ありません。

もしくは他の二種免許を持っていれば大型特殊二種の受検資格があります。( ゚Д゚)b

え?どこの教習所で取得できるかって?

大特は教習所で取得できますが、大特二種は教習所では取得できません。

法令上、大特二種の教習カリキュラムが存在しないため、
自動車学校では教習ができないのです。

つまりは、運転免許センターで一発試験を受けるしかありません。

頑張れば2 ~ 3万円くらいの費用で大特二種免許が取得できるかもしれません。

時間とお金に余裕がある上流貴族の方は一度試してみましょう。

僕は下流民族なので絶対に受けません。

ほんじゃあ、今日はこの辺でー。ノシ




( ゚Д゚)つ免許合宿の人気ランキングが地域別、職業別、性別、プランごとに見れます

Pocket
LINEで送る