教習に遅刻はOK?

残業ダメ/遅刻ダメ
みなさんどうも、現役教習指導員のゆきちよでござんす。(゚д゚)b

本日のお題は 「教習に遅刻しても大丈夫か?」 についてでいきましょう。

まず、大前提として教習に遅刻してこないようにお願いいたします。

万が一遅刻してしまった場合の処遇についてですが、
技能教習はおおむね5分の遅刻は許されます。

学科教習については1分たりとも遅刻してはいけません。

これは自動車学校独自の校則などではありません。
厳密に法令で定められた禁則事項になります。

では、なぜ技能教習は少々の遅刻は大丈夫で、
学科教習は遅刻厳禁なのか、と。

技能教習というのは、教習生1人 対 指導員で行う教習です。

つまり、多少の遅れは技能教習の時間延長という措置をとって教習を成立させます。
3分遅刻したら、3分延長ということですね。

これによって50分の教習を行うことができ、教習成立となります。

しかし、5分を超えるような大幅な遅刻の場合には、
技能教習はキャンセル扱いとなります。

指導員も10分のインターバル (休憩) のあとに、
すぐ別の教習を控えているのです。

その10分で到底まかなうことができない遅刻は、技能教習不成立となります。

また次回、別の時限、別の日に受けなくてはなりませんし、
キャンセル料も支払わなければなりません。

スクールバスの遅延など、教習所側に責任がある場合にはキャンセル料は発生しませんが、
自分の都合 (寝坊、アルバイトの延長など) の場合はキャンセル料を支払う必要があります。

なので、極力は遅刻をしないようにスケジュール管理をしておきましょう。(゚д゚)




一方、学科教習については多人数で行う教習です。

1人が数分遅刻することによって、
開始時刻から受講していた教習生すべても遅刻分の時間延長というのは理不尽ですよね?

それに遅刻したその数分の間も、学科教習は進んでいます。
その空白の時間、受講できなかった内容があれば学科教習の成立をさせることができません。

All for oneにはなりません。

なので、学科教習では遅刻というのは許されず、
チャイムトゥーチャイムで受講しなければならないということですな。

もし遅刻で学科教習を受けることができなかった場合には、
またすぐに受講できるわけではありません。

この日のこの時限にこの学科項目 (教程) 、という具合にタイムテーブルが決まっています。

なので遅刻して受講できなかった学科教習が、
1週間前後先延ばしでの受講になる可能性もあります。

当然、教習所卒業日も目安がたっていたとしても、
それに狂いが生じてきてしまいます。

学科教習には遅れないようにしなければなりません。(゚д゚)

 

というような感じなのですが、いかがだったでしょうか?

簡単にまとめると、
技能教習はおおむね5分までの遅刻は教習できる、
学科教習に遅刻は厳禁、ということです。

技能教習は5分までなら遅刻OKなのかー、じゃあ遅刻しよっ!

ていうのはなしですよ?

理由はどうあれ、遅刻をされると指導員の10分休憩が削られてしまうので、
当然いい顔はされません。

やむを得ない場合のみ、ですからね。

中学校でも高校でもないので、遅刻などあってはならないのです。

運転免許を取得できる年齢ということは、
社会人になったも同然ということです。

社会人が遅刻をしていては、問題外。(゚д゚)

遅刻をしてスケジュール崩れがないように、
円滑に教習所を卒業していきましょう!

ほんじゃあ、今日はこの辺でー。ノシ




◆日本全国の自動車学校の情報が盛りだくさん!安く、早く免許を取得するなら合宿免許がオススメ!!◆

Pocket
LINEで送る