同一場所である回数以上エンストをすると検定失格。


みなさんこんにちは、現役教習指導員のゆきちよと申しまする。( ゚Д゚)ノ

本日の内容は 「検定中 (技能試験中) に何回エンストをしたら試験中止になるのか?」 という雰囲気でいきましょう。

エンストに関わることですので、MT (マニュアル) 自動車での技能検定です。

ちなみに検定には修了検定と卒業検定の2つがありますが、
エンストに関しての規定はどちらの検定でも同じ扱いになります。





エンストの恐怖は、マニュアル車課程の教習生であれば十分承知でしょう。

普通の技能教習の時ですらエンストしたら (あっ…。) ってなりますものね。( ゚Д゚)

この恐怖が検定の時にも持ち越されると厄介!

(検定中エンストしたらどうしよう…。ドキドキブシャァアア!)

となって運転どころではなくなってしまいます。

かと言って、普段の技能教習でエンストをしなかった教習生がビビっていないかというと決してそうでもなく。

普段はぜんぜんエンストの気配のない技量のある教習生が、
検定中うっかりエンストしてしまい、アワワワブシャァア!となる方もいらっしゃいます。

さて、この恐怖のエンストはいったいどれくらいのマイナスになるのか。( ゚Д゚)

技能検定の減点細目ではどういう設定がされているかというと、
1回目のエンストは減点なしの不問となります。

慣れていない車両で、緊張もあるし、まぁ1回くらいは大目にみましょう!
ということで、2回目のエンストから減点対象となっていきます。

修了検定 (所内) では5点減点、卒業検定 (路上) では10点減点で、
さきほど申した通り、1回目は減点されません。

しかし、エンスト2回目になると1回目のエンストまでさかのぼって減点されます。
つまりは2回分の減点をされるわけですな。( ゚Д゚)

2回もエンストするということは、さっきのエンストはたまたまじゃないな?
ということで、1回目のエンストも減点対象とされてしまいます。

そして問題のエンストを何回したら試験中止かという話をしましょう。

同一箇所で4回エンストをすると発進不能という危険行為で検定失格となります。

この同一箇所というのは定点ではなく、一車長の間でカウントされます。

一車長というのは自動車1台分、つまりはおよそ5m以内の範囲内でエンスト4回してはダメということです。

厳しいとお思いかもしれませんが4回もその場でエンストするのは、
明らかに技量不足という判定が下されてしまいます。

ちなみに、踏切内でエンストをすると一発で試験失格です。

当然、危険行為という扱いでございます。( ゚Д゚)




というような感じなのですが、いかがだったでしょうか?

エンストは慣れている教習生にとっても不安の要素。

エンストは自動車のせいでするわけではありません。

すべては運転手の操作不良によって起きる現象です。( ゚Д゚)

一度エンストしてしまってもパニックにならないように原因を整理しましょう。

ちゃんとギアが1速になっていますか?

エンストしない速度域になるまでクラッチを離しませんでしたか?

必ず原因があります。

しっかりその原因を突き止めてから、
2回目の再発進の操作を行うようにしましょう。( ゚Д゚)b

同一場所で4回エンストをコイたら試験中止の危険行為とは言いましたが、
逆に言ったら3回まではエンストをしても大丈夫という事です。

多少の緊張や失敗は誰にでも付き物。

普段の技能教習1時限を大切にし、最後の検定も頑張って下さい。( ゚Д゚)ノ

ほんじゃあ、今日はこの辺でー。ノシ




( ゚Д゚)つ免許合宿の人気ランキングが地域別、職業別、性別、プランごとに見れます

Pocket
LINEで送る