教習の途中でMT→ATに車種変更できるの?

チェンジレバー00
みなさんどうも、現役教習指導員のゆきちよでございやす。(゚д゚)b

今回のお題は 「教習の途中でMT車 (マニュアル) からAT車 (オートマ) に教習車種を変更できるのか?」 ということでいきましょうか。





教習課程を途中で変えることを、教習所では 「転科」 という呼び方をします。

MT → AT = OK!
AT → MT = NO!

AT → MT への転科はできませんが、
ATの運転免許取得後であれば 「AT限定解除」 という方法でMT免許に昇格します。

もともとマニュアル車課程の教習料金のほうが若干高く設定されていますが、
オートマ車課程に転科したからといって差額が戻ってくるわけではありませんのでお気をつけ。

まぁ、当然といえば当然ですけどもね。

というか、むしろAT課程に転科することによって、
手数料を支払わなければならない場合が多数です。

自分の都合で取得免許の車種を変更しようとしているわけですので。
これは仕方のないことです。

もともとMT車 (マニュアル車) の運転免許を取得したくて教習所へ入校したものの、
思い描いていた通りの運転ができず苦戦!

・ちっとも運転が上達している感覚がない!

・みきわめが通らない!

・検定で落ちてしまう!

・指導員にATへの車種変更をすすめられた!

・指導員にセンスがないと言われる!

・自動車学校へ行くのがもう嫌になってきた…。

・っていうかそもそもクラッチってなんなの?

こんな感じの教習生も多いことでしょう。

実際、僕がつとめている教習所でも、ちらほらと転科をする教習生を見かけます。

勘違いしている教習生もいるようなのですが、
AT課程へ転科したからといって、MT課程でやってきたことが無駄になるわけではないです。

つまり、MT課程で履修した項目については、
AT転科後もすでに修了したものとしてみなされます。

なので、技能教習をAT車で最初からやり直すのではなく、
途中から教習車がATになるだけということですな。(゚д゚)b

なので、ATへの転科を考えている方はご安心ください。

手数料はかかってしまいますが、
もし安心パックや安心プラン (技能教習追加料金なし) に入っていないのであれば、
MT課程でいつみきわめが終わるかわからない不安からは逃れられるかと思います。

AT課程へ移行したとしても、
ハンドル、アクセル、ブレーキ操作がうまくいかない場合もありますけども。

MT車ならば、常に行うクラッチ操作とギヤチェンジ操作がありますが、
AT車ならその2操作がないので負担は減りますね。

以後の技能教習はだいぶ楽にはなるはずです。(´ω`)

別にATの教習課程に移行することは恥ずかしいことではありませんよ?
結構ためらっていらっしゃる方はいるようです。




今の時代、普通に最初からAT課程で教習所に入校してくる男性もかなり多いのが現状です。

まわりからの目は気にするに値しないでしょう。
今のご時勢、MT免許を取得する必要性も薄いですしね。

就職で絶対に必要な資格というわけでもなくなりつつあります。
ディーラーや運送、現場関係であれば必要でしょうけども。

どうしてもMT免許が欲しければ、
後々AT限定解除をするという方法もあり。(゚д゚)b

「急がば回れ!」 ということですな。

普通車AT限定解除の教習は 「最短4時限」 だけです。
学科教習は一切ありません。

ただ、あくまで最短というだけであって、
ぜったいに4時限の技能教習で終わるとは限りませんのでご了承ください。

4時限目のみきわめの段階で一定の水準の技量に達していなければ、
当然、技能は延長ということになってきます。

とりあえず、転科をしようかどうか迷っている方は、
まずご家族に相談の上、各自動車学校の受付や業務へ話を聞きに行きましょう。

ほんじゃあ、今日はこの辺でー。ノシ




◆日本全国の自動車学校の情報が盛りだくさん!安く、早く免許を取得するなら合宿免許がオススメ!!◆

Pocket
LINEで送る